未来の生き方

ライフハック、IT、スポーツ、政治などなど管理人の気になった話題を独断と偏見で語るブログ


アメリカで構想されてる地下トンネルが近未来すぎてヤバイ


f:id:mirainoikikata:20170516032827p:image

渋滞が鬱陶しいという個人的な理由でトンネル掘り企業「The Boring Company」を設立したイーロンマスクCEOがTEDトークにて自身の事業に関するコンセプト動画を公開しました

その動画に登場したトンネル施設がヤバすぎると話題になっています

動画

 

混雑した道路を走る赤いテスラ車

謎の台車に乗り地下トンネルに降りると猛スピードでレーンを移動

巨大なトンネル群が地下に広がる様子は壮観です

走行テスト動画

[※凝視してしまい気持ち悪くなる人が続出しているようです ご注意を]

同社は既にトンネルを掘り進めておりテスト走行動画も公開している

動画では台車が時速200kmで走行しており、実際に完成すると渋滞区間を1/6の時間で移動できるとの事

イーロンマスクCEOは渋滞解決策としての空飛ぶ車などには否定的で、あくまで地下を開拓する事が現状の打破になると信じているそうです

果たして本当に実現できるのでしょうか?

同氏は超高速鉄道も構想

こんな地下トンネルを構想しているイーロンマスク氏は超高速鉄道も計画しています

そちらは時速1200kmで真空チューブ内を走るというもの

日本のリニアモーターカーの倍以上のスピードで走行するためロサンゼルスーサンフランシスコ間(600km)を30分で移動できるというもので既に試験コースの真空チューブ建設を開始している

何を考えてるのか分からない

正直常人にはイーロンマスクが何を考えているのか分からないですね

テスラやスペースxの実績から察するに投資詐欺ではないと思われますが、こんな構想に自信満々になれる理由が謎すぎます

恐らく私たちには想像も出来ない思考が彼の脳内に存在するのでしょうね

いやはや・・恐ろしい