未来の生き方

ライフハック、IT、スポーツ、政治などなど管理人の気になった話題を独断と偏見で語るブログ


痴漢で線路に逃げられる原因はコレ!解決策も超簡単なこと


f:id:mirainoikikata:20170513021424j:plain

最近痴漢の疑いをかけられた人が線路に逃げたりする事例が増えているが、そもそも何でこんな事になっているのか皆分かっていない

筆者の見解をもとに原因と解決策を解説します

司法と鉄道会社が悪い

f:id:mirainoikikata:20170513021439j:plain

簡単な話これなのである

日本では痴漢に疑われるとほぼ100%の確率で裁判所に有罪判決を下される

(無実の人が第三者の証言などを完全に無視され有罪を下された事例もある)

万が一無罪を勝ち取れたとしても被疑者は何ヶ月も拘置所に閉じ込められるため実質会社はクビになり社会的にも抹殺される可能性が高い

それに対して裁判を起こし賠償を要求しても棄却されます

そのため弁護士も被疑者に対して真っ先に示談交渉を進めます(お金を払って解決しろということ)

恐らくこれを悪用している人も存在する

一方、鉄道会社に関しても痴漢で騒ぐ割には監視カメラ等の対策に一切講じないため被疑者は証拠を要求する事すら出来ない

つまり疑われた時点で人権を剥奪されるようなものなのだ

何十年も前にアメリカで起こっていた黒人差別と同じくらい低レベル・・・

こんな状態で「痴漢を疑われたら大人しく捕まってください」とか無理に決まってるのである

解決策

f:id:mirainoikikata:20170513021644j:plain

簡単です

まず税金を使ってでも混雑する鉄道のすべてに監視カメラを設置することです

天井のみならず床の下からも撮影する必要がある

そして司法の側がそれを有用な証拠として認める

これだけである

痴漢に困ってる人にも痴漢冤罪を恐れる人にもハッピーな方法です

こうすれば線路に逃げられることも無くなるでしょう

しかし何故こんな簡単な事にも気付かないのでしょうか・・・