未来の生き方

ライフハック、IT、スポーツ、政治などなど管理人の気になった話題を独断と偏見で語るブログ


よく考えたらクレーマーよりもクレームを受け入れてる側の方が問題なんじゃね?


f:id:mirainoikikata:20170510000815j:plain

日本はクレーマーが沢山いて、そのクレーマー達がいろんなルールやサービスに悪影響を与えてるイメージがありますね

でもよく考えたらクレーマーよりクレームを受け入れてる側の方が問題なんじゃないかと思ったので記事にしました

※この場合の「クレーマー」は不合理なクレームを押し付けてくる人の事です

クレーマーはどこにでもいる

f:id:mirainoikikata:20170510001206j:plain

まず「クレーマー」なんて人種はどんなサービスを展開しても必ず出現します

これは百万人集めたら必ず一人は犯罪者がいるのと同じで、クレーマーなんてのは人気のある商売であればあるほど避けようがないのです

世の中に千差万別あらゆる人間がいる限り、マトモな人だけを相手に商売をすることは絶対に出来ません

クレームを鵜呑みにする方が問題

f:id:mirainoikikata:20170510001244j:plain

そんなどこにでも出現するクレーマーに対してマジになって対応する人の方も大概おかしいのではないでしょうか・・・

大体不合理なクレームを押し付けてくる人なんて何をしたって文句を言うわけですからそんな人達を相手にする必要など最初から無いのです

彼らは単に粗探しをしたいだけなのだからむしろ耳を傾けること自体がエサをやっているようなもの

クレーマーの迷惑行為を更に助長します

そういうことを踏まえると、クレームを何でもかんでも受け入れる人はもはやクレーマー以上に問題なんじゃないかと思うわけです・・・

仮にもそうやって不合理なクレームを鵜呑みにしてサービスやルールを変更してしまったら何の罪もない大多数の人が迷惑を被るわけですから・・・

提供者も意思を貫こう

サービス提供者がお客の意見に耳を傾けることは大変重要です

でもその一方で揺るがない意思を持つ事も重要です

それが無いと必ず変な方向にズレます

何せどこにでも出現しますからねクレーマーは

提供者も自分の意思で一本筋を通しましょう