読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未来の生き方

ライフハック、IT、スポーツ、政治などなど管理人の気になった話題を独断と偏見で語るブログ


いま大学の授業料を無償化してしまったらロクなことにならないという話


f:id:mirainoikikata:20170505182309j:plain

最近政治家界隈で高等教育(高校、大学)の授業料を無償化する機運が高まっているらしい

安倍総理も以前に「誰もが希望すれば高校にも専修学校、大学にも進学できる環境を整えなければならない」などと発言している

しかし今そんなことをしたらロクなことにならないと筆者は考えます

そもそも大学にどんな存在意義があるのか?

f:id:mirainoikikata:20170505182410j:plain

どうやって無償化をするかという議論の前に、そもそも今存在する大学にどんな存在意義があるのか?という問題があります

筆者が考えるには正直「ほとんどない」と思っています

これについて考える上ではまず「大学が何のために存在するのか」ということをハッキリさせねばなりません

当然学問という観点で言えば大学の本来の存在意義は「講義」、「図書館」、「研究設備」にあります

つまり教授などから質の高い講義を受け、図書館で資料を閲覧し、大学や高校でしか用意できない研究設備を利用する、という3点に大学の価値があると筆者は考えています

しかし近年の情報社会の発達より大学の図書館の存在意義は殆どなくなり、講義の殆どがインターネットを使って自宅で閲覧できるようになりました

つまり今大学に残されている価値は「研究設備」のみです

ところがこの研究設備というのはその殆どが理系学部(一部)に必要とされるもので、ボリューム層を占める文系学部にはまず当てはまりません

そう考えると現時点での大学の存在意義というのは一部分に限られるのです

そんな中で大学を一律に無償化してしまったらどうなるのか?

税金で遊びに来る生徒と、それを餌にする大学の急増

f:id:mirainoikikata:20170505182611j:plain

無償化した上でまず真っ先に起こるのはこういう現象です

現在の大学入試制度は入ってから勉強する学問に関わらず、一般教科を暗記さえすれば合格できるのが現状です

そのため何かを学びたいというわけでもなく単に遊ぶため、友達と群れるために大学に入る学生も少なくありません

そんな中で授業料が無償化されたらどうなるでしょうか?

当然彼らの不当な受験意欲に拍車をかけるだけですね

さらに大学の側はそういった人たちを扇動してより沢山の生徒(顧客)を抱え込もうとします

そしてそもそも無償化政策を推し進める政治家の魂胆も学費を払えない&払いたくない人の不安を吸い上げて票に変えたいだけである

無償化するなら必ずここを直すべき

f:id:mirainoikikata:20170505182723j:plain

どうしても無償化したければまず入試制度を改革するべきである

筆者は入試科目を専門化するのが適切だと思っている

例えば医学部であれば試験範囲を医学に限定して医学に興味の無い人、志のない人を弾かなければならない

また入ってからの講義や課題も同様に限定し、単位を取るハードルをより高くする必要がある

いつまでも呑気に一般教養とか言って、家でもどこでも出来る勉強に時間と金を割くべきではない 

 

とにかく大学の中身を改革せずして無償化するなどありえないと筆者は考えている・・・

反論があればいくらでも受け付けます

大学卒業制度の崩壊 ─策は「大学設置基準」第三十二条の廃止にあり

大学卒業制度の崩壊 ─策は「大学設置基準」第三十二条の廃止にあり